オトクに居酒屋を利用する方法など

究極の選択!?居酒屋でのコースor単品のメリット・デメリット

居酒屋を利用する場合、コース料理が単品にするか、誰もが一度は迷ったことがあると思います。
実は、両方メリット・デメリットがあるため、一概にどちらが「オトク」であるとは言い難いのです。

 

ここでは、まずメリットとデメリットを挙げ、最終的にまとめていきます。ぜひ、参考にしてみてください。

 

●単品で頼む場合のメリット・デメリット
居酒屋で単品で頼む方法のメリットといえば、なんといっても自由である、ということです。
コースの場合は事前予約も必要となる店舗もありますし、食べたくないものまで出てきます。
単品であれば、自分たちのタイミングで楽しめますよね。
しかし、デメリットを挙げるとすれば、
頼み過ぎて高額会計なってしまうとか、いちいち店員さんを呼ぶ面倒があるなどです。
さらに、割り勘をする場合など支払の振り分けも面倒です。
特に大勢での利用の場合は、さまざまな面倒が発生しがちなのです。

 

●コースのメリット・デメリット
コース料理のメリットは、何といっても決まった料理がバランス良く来てくれることに尽きます。
もちろん、価格設定も最初から決まっていますし、
飲み放題が付くコース内容であれば、お酒を多く飲む方には最適なチョイスです。
大勢での利用の場合は、前清算も可能で機能的です。
しかし、デメリットとしては食べたい料理が出てこなかったり、質が落ちたり、
お腹一杯で食べれずとも料金支払はするというところです。
また、お酒に弱いので一杯しか飲めないのに、飲み放題分の値段を支払うなど、そういった部分でしょう。

 

●まとめ
単品、コースを比較するとはっきりするのが、
少人数でお酒や料理を楽しみたいなら単品で、
大人数でわいわい楽しみたいなら、コースということです。
上手に、この二つを使い分ければ、
今よりさらに居酒屋を楽しむことができるはずですよ。
渋谷駅近くの便利な居酒屋といえばけむり‐kemuri‐渋谷駅前店が人気ですね。

一人居酒屋でおすすめの予算っていくら?

居酒屋の利用の仕方にもさまざまあります。
ひとりでしっぽりとお酒を飲みたい場合、友人との語らいの場として、
宴会など大勢でワイワイ賑やかになど、
とにかく来客の多くが同じ目的という訳で無いのが、
この居酒屋の面白いところです。
 

 

さて、そんな居酒屋なのですが、
もし一人で利用する場合どれほどの予算が良いのでしょうか。
ここでは、無理なく一人で居酒屋を楽しむための予算についてを考えていきます。

 

●何事もバランス良く
一人で居酒屋を利用する方の場合、食べたいものを食べたい分、
飲みたいものを飲みたい分、と注文を入れてしまうと会計時が大変です。
居酒屋の食事は、基本的には1人前で用意されていないので、
量も多く価格も高めです。さらに、量は少なめですが非常に高額な料理を出す場所もあります。
さらに、ビールや他の飲み物も同様。
やや高めに設定されています。
そのため、バランス良く頼むことが第一前提となります。

 

●3000円いかない程度
居酒屋を一人で利用する場合ですが、
お酒を二杯、料理をサラダ、揚げ物や焼物、ご飯ものとなるとおおよそ、
3000円前後の価格となります。
当然、前述しましたが量が多めなのでお腹は十分満たされることでしょう。
それ以上を頼み続けると、ちょっとした利用が5000円、
6000円と膨れ上がるので折角の楽しさも悲しさに変わります。

 

●安さを求めない
3000円なんて、相当飲み食いできると思われますよね。
だから、もっと安く抑えようと安居酒屋を利用する方もいます。
しかし、安い場所は量も少なく、アルコールも薄めにしている場合があり、
どんどん追加オーダーを取ってしまいます。
ほど良く上質な居酒屋で、自分だけの時間をうまく使えれば、大人の仲間入ですよ。

更新履歴